TOP >オフセット印刷

オフセット印刷とは

オフセット印刷とはゴム等で作られたブランケットを介してインキを紙に転写する印刷技術です。一般的には、水と油(インキ)の反発性により、インキがのる画線部とのらない非画線部とを分けたPS版という版自体に凹凸が無い刷版を使用するため、平版(へいはん)印刷とも言われています。
印刷する用紙によって区別されており、平判(ひらばん)の紙に一枚一枚印刷するオフセット枚葉印刷と、ロール状に巻き取った紙に連続して印刷するオフセット輪転印刷があります。

オフセット印刷はこのようにして作られます。

オフセット印刷のメリット

オフセット印刷は多色刷りに適しており、特に写真やイラスト、またグラデーションのあるものを 印刷するのが容易です。

メリット

  • 写真が綺麗
  • 版製作費が安い
  • 多色印刷が得意
  • 大きなサイズの紙が使用できる
  • 大量ロットに対応しやすい

デメリット

  • 耐候性能が弱い
  • インク盛りの厚みが薄い
  • 小ロットは割高

オフセット印刷物のサンプルです。 オフセット印刷物サンプルです。 オフセット印刷物のサンプルです。



実績紹介

ご質問・お問い合わせはこちらから

マシタマーク株式会社では40年余りの実績と技術があります。
まずはお見積もりや仕様の相談などは 、お気軽にお問合せください。