TOP >シルクスクリーン印刷(シルク印刷)

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは

シルク印刷又はシルクスクリーン印刷は版材に絹(シルク)の布を使った印刷方法。 絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量押し出し、元版の空隙から印刷物に インクを乗せるもの。 現在では、絹布ではなくインクの通りが良いように開発された 化学繊維の糸で織られた布を使う場合が多い。古くは、学校などでわら半紙に印刷 していたガリ版印刷やプリントごっこなどもこの一種といえる。この印刷の特徴は印刷物に 対しインクを乗せるという手法を取る為、紙、布、その他多くの物に印刷できるという特徴を 持っている。また、曲面にも印刷が可能である。インクを乗せるという事から多色印刷を行う ことができ、近年では、シルクスクリーンを利用した絵画などが数多く制作されている。

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)のメリット

インクを厚く塗布することが可能で、耐候性にも優れており、様々な形状に印刷することができる。

メリット

  • 厚盛りが可能
  • 耐候性に優れている
  • 小ロット対応しやすい
  • 微妙な色も管理可能

デメリット

  • 版が割高
  • 大量ロットをこなすのに時間がかかる

シルク印刷物サンプルです。

シルク印刷物サンプルです。

シルク印刷物サンプルです。

シルク印刷物サンプルです。


シルクスクリーン印刷(シルク印刷)の工程

まず、色を塗ります。 色を重ね塗ります。 徐々に製品の形が見えてきました。 インクで刷った製品を乾燥しています。

@ 原稿から版焼付け用フィルム作成
お客様から頂いた原稿やそのデータをもとに、使用する材料や型に効率よく合うように 並べたフィルムを作成します。

A 版焼付け(製版)
フィルムを版に焼き付けることにより、製版します。

B インク調合(色合わせ)
お客様からご希望の色(サンプルやカラーチップ等)の指示をいただき、それに合うように インクを調合します。

C 材料洗浄
材料には静電気によってほこりが大量についており、そのまま印刷すると文字切れや ピンホールの原因になるため、静電除去、およびほこりそのものの除去を行います。

D 印刷
色毎に印刷をします。

E 焼付け乾燥
ただ乾燥するだけではインクの安定が充分ではないので、一定の時間、一定の温度で 加熱することによって乾燥させます。


実績紹介

ご質問・お問い合わせはこちらから

マシタマーク株式会社では40年余りの実績と技術があります。
まずはお見積もりや仕様の相談などは 、お気軽にお問合せください。