TOP > 製造工程、品質管理、主要設備

製造工程

シルクスクリーン印刷

まず、色を塗ります。 色を重ね塗ります。 徐々に製品の形が見えてきました。

シルクスクリーン印刷・乾燥
版の上にインクを乗せ、そのインクをスキージ(へらのようなもの)で版にこすり付けることによって インクを押し出して材料に印刷します。この作業を色毎に繰り返し、その都度、インクを安定させる ために一定の熱を掛けて乾燥させます。

印刷仕上がりの検査
次の工程に入る前に印刷に問題(文字切れ、汚れ等)がないか、検査をします。

両面テープ貼り付け・裁断
両面テープが必要なものには指定のものを貼り付けし、その後加工するためのサイズに裁断します。


プレス加工

プレス加工で製品を確実に切っていきます。 製品が型通りに切れているかチェックします。 型を抜きました。

プレス抜き・トムソン抜き加工
ここで製品の形にします。プレス加工では±0.1の寸法精度を実現します。

品質管理

品質管理・チェック体制

厳しく品質管理をします。 このように品質管理をしています。 光に当てて傷がないか調べます。

マシタマークでは印刷からプレス加工まで一貫した生産システムを導入し、お客様の多彩なニーズと高品質な商品をお届けしています。

主要設備

機械名称 台数
25 tエアープレス機
35 tエアープレス機
45 tエアープレス機(トムソン加工用)
35 tエアープレス機自動送り装置付き
ミノマット印刷機
材料洗浄装置
材料埃取りローラー
保護シート、両面テープ貼り合わせ機
乾燥機
拡大スコープ型ガイド穴エアーパンチ
裁断機